連載コラムColumn

私の会社のマチャ〜キ専務「ただいま、営業中!」第12話

連載コラム

第12話: 「もうけるとらべる」のお客様に決まった、なにわサイクルさまとのお打ち合わせの席で。

 

すっかり秋の空気が街を覆い始めた、ある日の午後。

もうけるとらべる。初のお客様となる事が決まった、大阪の某自転車メーカー「なにわサイクル」、社長さまと、マチャ〜キ専務が、改めてのお打ち合わせをなさったそうです。

 

なにわサイクル社長(以下:な)

「それでは、マチャ〜キさんがおっしゃっている『もうけるとらべる』について、具体的なお話をお聴きしたいと思うのですが」

 

マチャ〜キ専務(以下:ま)

「もちろんです! では改めて、お話します 『もうけるとらべる』の最大の特徴は、利益創造を成果とする、今までにない発想の社員旅行なんです。 例えば!」

 

そうして、説明し始めたマチャ〜キ専務を遮るかのように、なにわサイクルの社長さまは、

 

な:「そこなんですよ! 僕が面白いと思ったのは!! 利益創造を成果とするというところです。 で、例えば、どんな利益を創造してくれるんですか? この旅行を体験すれば、お金がガッポガッポ儲かるとか(笑)」

 

マ:「ありがとうございます! もちろん、ガッポガッポです! っと言いたいところですが、正直、社員旅行が直接の利益を生み出すという魔法のソリューションにはなり得ません。 むしろ、私たちがご提案させて頂きたいのは、御社の利益創造に一歩でもつなげるために、欠かすことのできない御社の経営資源のひとつに新たな変化を生み出し、その変化が結果的に御社利益を創造するという形、といますか〜、そのキッカケを創る、そんな社員旅行なんです」

 

な:「なるほど〜、で、我が社の利益創造に欠かすことのできない経営資源のひとつとは?」

 

マ:「ズバリ、ヒト。つまり、御社の社員の皆さまです」

 

な:「で? 社員たちを、どう変えるというのですか?」

 

マ:「はい。御社の社員さま、お一人おひとりの中にある『やる気・元気・オモロイ気』を様々な企画で、気づいていただく。そして、一番重要なことは、その様々な企画を社員の皆さまで考えて頂こうと思っています」

 

な:「社員で考える? そんな事、ウチの社員にできるかな〜。 いや〜ね、実はその手のお話は、過去にもコンサルタントの先生に来ていただいて研修という形で行った事があるんです。でも、なかなかイメージ通りには事が進まず、手法なの、ノウハウだのは学べましたが、結局、やる気も、元気も活性されぬままでした。 かといって、僕が直接社員にアレコレ言っても逆効果になるのは目に見えているし・・・。 だから、難しいって思ってしまうんですよ」

 

マ:「だからこそ、なんです! だからこそ、研修ではなくて、旅行なんです! 手法やノウハウが前に出すぎるやり方ではなくて、どんな形でも社員の皆さんの隠れた能力(オモロイ気)を引き出すアプローチが必要なんです!」

 

な:「社員の隠れたオモロイ気? 引き出せる??」

 

マ:「はい」

 

な:「社員旅行で?」

 

マ:「社員旅行で(笑)」

 

マチャ〜キ専務曰く、なにわサイクルの社長さまは、そこから、腕を組み、少々、沈黙されたそうです。 そして、おもむろに腕時計を覗かれたと思うと、

 

な:「おっと、もうこんな時間(19時)ですね。 どうです、マチャ〜キさん、これから一杯やりにいきませんか?!」

 

と、おっしゃったそうです。

 

 

このブログドラマは、半分フィクションです