連載コラムColumn

私の会社のマチャ〜キ専務「ただいま、営業中!」第4話

連載コラム

第4話:前代未聞のセミナーをやるって、まだセミナー講師決まってなかったの??

 

先週・・・、

「前代未聞のビジネスセミナーをやるぞ!!!」と決意し、早々と告知までしちゃったマチャ〜キ専務でしたが・・・、

 

今朝・・・、

 

あれれ??

また、何か悩んでるんですか? 

 

もう〜、パソコンの前で、「う〜、う〜」唸ってないで、ちゃんとお仕事してくださいよ〜、と言いたいんですが、こんな時は、何も見てませんよ〜って、無視させて頂くに限るんですよね〜。 

 

という事で、私は、いつものように自分のお仕事に集中する事にしていたんです (と言いつつ・・・、その前に、実は、今週末、自分磨きのために受講しようと考えている、ある勉強会のネット申込みをしよ〜っと♪)

 

でも・・・、

えっ、何? 見てる? また視線を感じるわ?!

 

いやいや、無視! ぜったい私には手に負えない〜! あ〜、どうか、どうか、神様、仏様〜、今回の案件に関しては、私を巻き込まないように、マチャ〜キ専務に強く言ってください!!

 

と心で強く念じていた、その時!!

 

「あれ、この人、面白そうだね〜!」と、いつの間にか、私のPCを覗き込むまで接近していた、マチャ〜キ専務が、私が受講しようとしていた自分磨き勉強会の申込み画面を見て言いました。

 

「ね〜、ね〜、この人! セミナー講師だよね! 君、知ってる人? 誰? 」

 

お仕事中にも関わらず、私的な作業(自分磨き勉強会への申込み)を見られてしまい、「いや〜、あの〜、知ってるというか〜、何回か、この方の勉強会に参加してまして・・・、」と、私は焦りを隠せない状態になっていたのですが・・・、

 

そんな私の焦りなんてお構いなしのマチャ〜キ専務は、

「ね〜、この人、紹介してよ! そして、トラベル・オーダー主催のビジネスセミナーの講師をしてもらおうよ!!」と唐突過ぎる事を言い出したのです。(それ以前に、告知しておきながらセミナー講師が決まってないってどういう事?? あっ、その事に悩んでいたんですね)

 

「いや、ちょっと待ってください!! そんな事言われても、私、困ります!!」

 

と申したのですが、あのテンション・ゾーンに入ってしまったマチャ〜キ専務を止められる事などできるはずもなく、結局、私がプライベートで申し込もうとしていた、自分磨きのためのセルフ・ブランディング勉強会に、マチャ〜キ専務と一緒に受講する事になりました。

 

「本当に大丈夫なのかな〜?? 私たちの無茶ぶり依頼を受けてくれるかしら・・・、」

 

このセミナー講師さん。

 IMG_8724-1

 

 このブログドラマは、半分フィクションです。

セミナーに関する情報はノンフィクションです。